グルコサミンについて

現在、ドラッグストアやコンビニ、通信販売などであらゆるサプリメントが販売されています。これらの多くの商品のなかで、グルコサミンという言葉をよく聞くようになりました。このグルコサミンというのはどういうものなのかというと体の軟骨や爪、じん帯などを形成しているヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の原料となるものです。グルコサミンは、アミノ糖の一種であり、グルコースとアミノ酸が結びついたものです。関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。

軟骨の形成を助けてくれるグルコサミンは体内でも合成されます。しかし体内のグルコサミンは加齢とともに生成量が減少してしまいます。減少してしまうと、軟骨がすり減って、弾力がなくなってしまうために関節のクッションがなくなり、関節痛や腰痛になってしまいます。そこで足りなくなったグルコサミンを補うためにサプリメントなどを利用して摂取することが必要になってきます。グルコサミンのサプリメントは、カニやエビなどの甲殻類を原料にしているものが多いので、これらの甲殻類のアレルギーがある人は十分に気をつける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です