マカの成分と期待される効果

マカはペルー原産の植物で、薬用ハーブとしても利用されています。別名「アンデスの人参」とも呼ばれ、滋養強壮剤として昔から珍重されてきたという歴史があります。日本に紹介されたのは比較的最近で1998年頃と言われていますが、日本は世界でも第二位のマカ輸入国です。この短期間で爆発的に人気が高まった背景にはテレビの健康番組の影響もありますが、実際に試してマカの効果を実感する人が多かったということも理由の一つとして挙げられます。

マカには様々な成分が含まれており栄養豊富です。大量の必須アミノ酸や鉄分、カルシウムといったミネラルも多く含まれています。他にもビタミンB群やリノール酸、オレイン酸といった良質な脂肪酸が含まれており、健康食品の原料として利用されるのも納得できます。最近では医療用途で利用するための研究が進められており、更年期障害に対して効果が期待できるという報告もあります。マウスを使った実験でもマカの持久力向上作用や抗疲労作用が示唆されており、高齢化が進む日本社会で益々必要とされるものと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です