セルライトをマッサージで改善する

セルライトは皮膚がデコボコになることで、脂肪組織が繊維化している状態です。お尻や太ももにできやすく、脂肪組織の上に老廃物が溜まってそれがどんどん大きくなるための皮膚が盛り上がってくるのですが、一度なってしまうと改善することが難しいといわれています。

老廃物がたまったとしても、血液やリンパの流れが正常なら不要な水分や老廃物はリンパ管や血管の中に回収されていくのですが、それができなくなるためにできてしまうのです。このような仕組みなのでセルライトはむくみや冷えで血行不良になるときやホルモンバランスの崩れ、良くない生活習慣や加齢などが原因といわれます。

セルライトは改善が難しいとはいえ、そのまま放置をしておくともっとたくさんのセルライトができてしまいます。それ以上増やさないためにもできてしまったmのを少しでも解消するためにも、何らかの対策を講じることが勧められます。

いくつかの改善方法はあるのですが、その中でも有力なのがマッサージです。硬くなったセルライトをもみほぐすことで老廃物を流れやすくすることができます。マッサージをする部位はセルライトができやすいできやすい下半身で、特に足裏やふくらはぎをマッサージすると効果的といわれます。
足裏をもむと血流が良くなることと、ふくらはぎは第二の心臓とも言われ足の方に貯まった血液を心臓に戻すポンプの働きをするからです。そのためその2か所を重点的にマッサージし、まずは血流を良くします。血行が良くなってから、太もも茶お尻などセルライトが気になるところをマッサージするようにすると老廃物が流れやすくなります。

また血流を良くすることに有効なのが入浴です。湯船にゆっくりと浸かって体を温め血流の良い状態で足裏からマッサージをしていき、太ももやお知りにあるセルライトももむようにするとより効果的です。マッサージなら購入するものもなく自宅で手軽にできるので、毎日続けることで改善や予防に役立ちます。

カテゴリー: セルライトケア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です