ふくらはぎのセルライトは落とせます

ふくらはぎにあるデコボコしたものはセルライトで、見た目が良くないのでなくしたい思っている人は多いでしょう。スカートを履いた時露出する部位になるので、特に気になる部分です。セルライトが付きやすい場所にはお尻や太ももの後ろ、お腹や二の腕、足首などがあります。

これらは皮膚の温度が低くなっていて、体の中で冷えがちなところになります。冷えは血流やリンパ管の流れなどを悪くしていき、体内水分や老廃物などが上手く排出されず脂肪と混ざり合っているものです。身体の冷えが原因の一つになっていて、特に足は心臓より下の位置にあるので、ついつい水分や老廃物などが溜まりやすい部位になります。セルライトを落とすには、ふくらはぎなどの冷えを解消し代謝を高めながら、むくみの発生を予防することが大事です。

身体を温め足をマッサージし、適度な運動を行うと血流が良くなるのでむくみを解消することができます。冷えの発生や脂肪が付く原因を改善しながら、血行を促進しむくみを防止していきましょう。冷えが主な原因になるので、湯舟につかって体を芯から温めつつふくらはぎの冷えを解消しつつ代謝を高めるのが得策です。
シャワーでは身体は芯から温まらないので、セルライトが気になるなら湯舟に浸かりましょう。体を芯から温めることによって、冷えを解消しながら代謝を高めることができます。湯の温度は37~42度がおすすめで、季節に合わせて調節します。

しっかり温めるため首まで浸かり、顔に汗が出てくるまで浸かりましょう。汗が出てきたら20分間半身浴を行うと効果的です。ふくらはぎのマッサージも効果的で、これでむくみを解消できます。テレビを見ていてもできるので、無理なく続けることが可能です。

マッサージの前に用意するのがマッサージオイルで、マッサージ時の肌への摩擦を少なくすることができたり、オイルの香りがリラックス効果も高めます。足首からふくらはぎに向かって、心臓に向かいさすっていきます。

カテゴリー: セルライトケア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です