太もものやばいセルライトの減らし方は

加齢や過食、運動不足とともに出てくるのがセルライトというボコボコした脂肪の塊です。お尻や太もも、おなか周りに多くみられ蓄積されていくやばい物質。主に不規則な生活習慣やストレス、女性特有のホルモンバランスによって誘発されることが知られておりそうなる前に対処したいところです。

そして、セルライトの恐ろしいところはダイエットで体重を減らしても落ちないところです。通常脂肪細胞などの細胞組織は運動などの燃焼活動によって体積が減ることで、送信につながります。一方血流が悪くなることで老廃物がたまり、脂肪細胞に正常な働きが妨げられる(ダメージを受ける)ことによって結合し形成されているので、健全な状態とは言えません。長年蓄積していった結果ともいえるため、通常の方法では時間がかかるということは覚悟しておいてください。

通常の方法として、まずは生活習慣の改善があげられます。定期的な運動を継続して行う、主に有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせを30分以上週2以上行うことが前提となります。食生活も見直しが必要で、摂取しているカロリーが代謝するエネルギー消費よりも少なくする必要があります。ただ減らせばいいというわけではなく、1日三食栄養バランスの良い食事を継続して行う必要があります。

そうすると、徐々にたまっていったものが少しずつ減っていくというプロセスを経て最終的に元に戻るという流れになります。減り方、としてはまずは良く動かす筋肉の近くの部位から効果が出てきます。下半身は全体の筋肉量の7割を占めていると言われていますので、比較的減少しやすい傾向があります。

一方でなかなか減らないのがおなか周りです。おなかはもともと脂肪をためやすい性質があるため、最終的に減る部分と考えてください。

いずれにしても、生活習慣で少しずつ増えていったものはなかなか減らせないものだということです。そうならないためにも、日ごろから良い食生活と適度な運動をすることで維持できると良いですね。

カテゴリー: セルライトケア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です