コエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10とは、1957年にクレーン博士発見された物質で私たちの生命活動を支えるエネルギー源の産生に必要な補酵素です。また抗酸化物質としても注目を集めています。コエンザイムQ10は体内の内臓や皮膚、脳などのあらゆる細胞に存在していて、特に休むことなく働きエネルギー代謝の盛んな臓器に多く存在しています。このコエンザイムQ10は加齢とともに産生量が減少し、同時に体内での必要量が増える事から、今コエンザイムQ10の必要性が注目されています。

コエンザイムQ10の体内での働きのひとつは、脂肪や糖、アミノ酸などをエネルギーに変えてくれる働きがあります。また体内細胞の抗酸化作用による体の老化を抑制してくれます。体内に存在するこのコエンザイムQ10は20歳代をピークに減少し、さらには不足すると心臓の機能が低下する事で、生活習慣病や心疾患を引き起こす事が考えられます。1957年に発見されたコエンザイムQ10が、後の研究によってノーベル賞を受賞した30年前から、世界的に注目を浴びる物質となりました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です