お腹のセルライトをマッサージでケアする

お腹やお尻、太ももなどによくみられるセルライトは皮下組織の内部の脂肪細胞のことで、肌の表面が凹凸になってぼこぼこになるため見た目も悪く日本人女性の8割以上は持っていると言われてます。皮膚のすぐ下に脂肪細胞があるのでセルライトが大きくなってくると肌の表面を押し上げることで、見た目が凹凸になります。太っていると脂肪に血管やリンパが圧迫され血流が悪くなりセルライトもできやすいです。痩せていると不規則な生活・運動不足・加齢などで代謝が悪くなり、老廃物が溜まると出来ます。すぐに出来るわけではなくて、2年から3年かけてじっくりと肌の表面へと出てきます。

今肌に凹凸がなくても、代謝が下がりはじめる20代後半から予備軍が作られてくる可能性があって、30代になり目立ちはじめたら既に20代から肥大化していることが多いです。お腹に出来たセルライトのケアですが、自宅でも簡単にマッサージをすることで行えます。まずマッサージ前にお風呂に入って体を温めることで、血流も良くなって効果がより高まります。マッサージをするときは滑りが悪いと肌が傷つくのでクリームやオイルなど保湿剤を塗ってから行います。

最初に足の付け根部分をぐりぐりとマッサージを行い、ここにはリンパ節があってほぐすことでリンパが流れやすくなります。先にふくらはぎや太ももをマッサージしても老廃物を流す先が詰まっていると上手く流れず、鼠蹊部や鎖骨付近のリンパには老廃物もたまりやすいので、先にここをほぐしていきます。老廃物がたまっていると少し痛みがありますが、つまりがほぐれていくと痛くなくなります。

マッサージは力を入れずに優しく撫でるようにして毎日継続して行い、クリームやオイルを使って肌への刺激を和らげます。お腹の場合は、両手でお腹の脂肪を掴んで左右の手を工合に上下左右へ動かしながら揉んで、全体を揉み解します。これを1セットにして合計で5セット行い、次に脂肪を流します。みぞおちに両手を当ててから時計まわりに手を動かして、みぞおちに戻ったら右手は右足の付け根に左手は左足の付け根に向けてリンパを流すイメージで手を滑らせて10セット行います。

しかしご自宅でのケアにも限度はありますので、時間がない、もっと効果を実感したい、とにかく早く結果を出したいという方は、エステサロンに頼るのも手だと思います。
お金はかかりますが、体験メニューが安いエステもたくさんあるので、利用してみても良いでしょう。
特にここのエステサロンは価格が安かったです。https://bloom.ne.jp/
上手く利用すれば通ってからの割引などもあると思いますので、結果としてお得かもしれません。

カテゴリー: セルライトケア | コメントする

セルライトをマッサージで改善する

セルライトは皮膚がデコボコになることで、脂肪組織が繊維化している状態です。お尻や太ももにできやすく、脂肪組織の上に老廃物が溜まってそれがどんどん大きくなるための皮膚が盛り上がってくるのですが、一度なってしまうと改善することが難しいといわれています。

老廃物がたまったとしても、血液やリンパの流れが正常なら不要な水分や老廃物はリンパ管や血管の中に回収されていくのですが、それができなくなるためにできてしまうのです。このような仕組みなのでセルライトはむくみや冷えで血行不良になるときやホルモンバランスの崩れ、良くない生活習慣や加齢などが原因といわれます。

セルライトは改善が難しいとはいえ、そのまま放置をしておくともっとたくさんのセルライトができてしまいます。それ以上増やさないためにもできてしまったmのを少しでも解消するためにも、何らかの対策を講じることが勧められます。

いくつかの改善方法はあるのですが、その中でも有力なのがマッサージです。硬くなったセルライトをもみほぐすことで老廃物を流れやすくすることができます。マッサージをする部位はセルライトができやすいできやすい下半身で、特に足裏やふくらはぎをマッサージすると効果的といわれます。
足裏をもむと血流が良くなることと、ふくらはぎは第二の心臓とも言われ足の方に貯まった血液を心臓に戻すポンプの働きをするからです。そのためその2か所を重点的にマッサージし、まずは血流を良くします。血行が良くなってから、太もも茶お尻などセルライトが気になるところをマッサージするようにすると老廃物が流れやすくなります。

また血流を良くすることに有効なのが入浴です。湯船にゆっくりと浸かって体を温め血流の良い状態で足裏からマッサージをしていき、太ももやお知りにあるセルライトももむようにするとより効果的です。マッサージなら購入するものもなく自宅で手軽にできるので、毎日続けることで改善や予防に役立ちます。

カテゴリー: セルライトケア | コメントする

ふくらはぎのセルライトは落とせます

ふくらはぎにあるデコボコしたものはセルライトで、見た目が良くないのでなくしたい思っている人は多いでしょう。スカートを履いた時露出する部位になるので、特に気になる部分です。セルライトが付きやすい場所にはお尻や太ももの後ろ、お腹や二の腕、足首などがあります。

これらは皮膚の温度が低くなっていて、体の中で冷えがちなところになります。冷えは血流やリンパ管の流れなどを悪くしていき、体内水分や老廃物などが上手く排出されず脂肪と混ざり合っているものです。身体の冷えが原因の一つになっていて、特に足は心臓より下の位置にあるので、ついつい水分や老廃物などが溜まりやすい部位になります。セルライトを落とすには、ふくらはぎなどの冷えを解消し代謝を高めながら、むくみの発生を予防することが大事です。

身体を温め足をマッサージし、適度な運動を行うと血流が良くなるのでむくみを解消することができます。冷えの発生や脂肪が付く原因を改善しながら、血行を促進しむくみを防止していきましょう。冷えが主な原因になるので、湯舟につかって体を芯から温めつつふくらはぎの冷えを解消しつつ代謝を高めるのが得策です。
シャワーでは身体は芯から温まらないので、セルライトが気になるなら湯舟に浸かりましょう。体を芯から温めることによって、冷えを解消しながら代謝を高めることができます。湯の温度は37~42度がおすすめで、季節に合わせて調節します。

しっかり温めるため首まで浸かり、顔に汗が出てくるまで浸かりましょう。汗が出てきたら20分間半身浴を行うと効果的です。ふくらはぎのマッサージも効果的で、これでむくみを解消できます。テレビを見ていてもできるので、無理なく続けることが可能です。

マッサージの前に用意するのがマッサージオイルで、マッサージ時の肌への摩擦を少なくすることができたり、オイルの香りがリラックス効果も高めます。足首からふくらはぎに向かって、心臓に向かいさすっていきます。

カテゴリー: セルライトケア | コメントする

太もものやばいセルライトの減らし方は

加齢や過食、運動不足とともに出てくるのがセルライトというボコボコした脂肪の塊です。お尻や太もも、おなか周りに多くみられ蓄積されていくやばい物質。主に不規則な生活習慣やストレス、女性特有のホルモンバランスによって誘発されることが知られておりそうなる前に対処したいところです。

そして、セルライトの恐ろしいところはダイエットで体重を減らしても落ちないところです。通常脂肪細胞などの細胞組織は運動などの燃焼活動によって体積が減ることで、送信につながります。一方血流が悪くなることで老廃物がたまり、脂肪細胞に正常な働きが妨げられる(ダメージを受ける)ことによって結合し形成されているので、健全な状態とは言えません。長年蓄積していった結果ともいえるため、通常の方法では時間がかかるということは覚悟しておいてください。

通常の方法として、まずは生活習慣の改善があげられます。定期的な運動を継続して行う、主に有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせを30分以上週2以上行うことが前提となります。食生活も見直しが必要で、摂取しているカロリーが代謝するエネルギー消費よりも少なくする必要があります。ただ減らせばいいというわけではなく、1日三食栄養バランスの良い食事を継続して行う必要があります。

そうすると、徐々にたまっていったものが少しずつ減っていくというプロセスを経て最終的に元に戻るという流れになります。減り方、としてはまずは良く動かす筋肉の近くの部位から効果が出てきます。下半身は全体の筋肉量の7割を占めていると言われていますので、比較的減少しやすい傾向があります。

一方でなかなか減らないのがおなか周りです。おなかはもともと脂肪をためやすい性質があるため、最終的に減る部分と考えてください。

いずれにしても、生活習慣で少しずつ増えていったものはなかなか減らせないものだということです。そうならないためにも、日ごろから良い食生活と適度な運動をすることで維持できると良いですね。

カテゴリー: セルライトケア | コメントする

下半身太りの大敵となる頑固なセルライト

ウエストは細いのにヒップが大きくて太ももが太いのでスキニージーンズやタイトスカートが似合わない、食事制限や筋トレや有酸素運動などのダイエットを一生懸命に頑張っても痩せるのは上半身のみで下半身は一向に痩せずずっと太いまま、脚の太さをカモフラージュすることが出来るワイドパンツやロングスカートしか穿くことが出来ずファッションコーディネートの幅が狭まる、下半身が太いのがコンプレックスで自分に自信が持てず恋愛においても積極的になれないなど、下半身太りに関する悩みがありダイエットの難しさを実感しているという女性は多いのではないでしょうか。

上半身は細いのに下半身だけが太い場合は、セルライトが原因で下半身が太ってしまっている可能性が高いです。セルライトは下半身太りの大敵となる厄介な存在であり、一度出来たらなかなか落ちないという性質があります。
落ちにくい理由は、脂肪の中に毒素や水分や老廃物が複雑に紛れ込んでいるからです。普通の脂肪であれば食事制限や運動などの一般的なダイエットをすれば自然と落ちますが、セルライトは単純なダイエットでは落ちてくれません。

そこでおすすめなのが、エステティックサロンの痩身メニューでセルライトを撃退するという方法です。脂肪細胞に働きかけてセルライトを分解させて押し出すキャビテーション、筋肉量を増やして血液やリンパ液の流れを促進させるEMS、体を芯から温めて代謝をアップさせて太りにくくて痩せにくい体質に変えるゲルマニウム温浴、コラーゲンの生成をサポートして凸凹の無いやわらかくてなめらかな美肌に導くラジオ波などの施術を受けることで、セルライトは確実に落とせます。

セルライトが落ちたからと言って油断してはいけません。むくみが悪化すると出来やすくなりますので、むくまないようにするためのむくみ対策も必須です。塩分を控えてナトリウムが体内に溜まらないようにする、ナトリウムを押し出すカリウムをたっぷりと摂るなどの心掛けが必要です。

カテゴリー: セルライトケア | コメントする